弱小個人投資家が日本株で年間10万円利益を出す方法 13〜「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」両立で攻める〜

投資を考える上で「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」という考え方は必要です。なぜなら自分の投資のあり方を考える上で重要な考え方だからです。

簡単に言うと、株の売り買いで利益を上げていくのか、もしくは株を保有し続けることで「配当」を得て利益を得ていくのかを考えることで効率よく投資をしていくことができます。

今回はそんな「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」を見ていきましょう。

キャピタルゲインとは

キャピタルゲインとは「価格の変動する資産を売り買いすることによって得られる利益」のことを指します。

株では、株価が値上がりすれば売って、その利益はいくらかということになります。

このキャピタルゲインはインカムゲインと比べて、一度に得られる利益が大きいとされています。

しかし、その価値は上がることもあれば、下がることもあるというリスクが常にあることが特徴です。

インカムゲインとは

インカムゲインは保有する資産が安定的な「配当」としてお金を生み出してくれることで得られる利益のことを指します。

例えば株で言えば配当金、不動産で言えば家賃ということになります。ある一定期間保有していれば安定的にお金が入ってきます。

その資産を買ってしまえば、その資産価値が無くなってしまわない限りお金が入ってくるので、キャピタルゲインよりは安定的でリスクの少ない儲け方と言えます

安定的とは言っても、株で言えば業績によって配当が減ったり、不動産で言えば住居人がいなくなれば家賃はゼロになったりと、ある程度のリスクはあります。

また、働かなくてもお金が入ってくる「不労所得」と言われているのが「インカムゲイン」です。

本当のお金持ちはインカムゲインが主

実は本当のお金持ちというのは「インカムゲイン」で生きているというのが現実と言われています。

株式会社の話をすると、創業社長の場合は会社からの役員報酬はそこそこに、保有している株式からの配当が莫大と言われています。

たまにニュースを見ると、会社の業績が下がったので、社長の給料を無給にします!なんて話があります。会社のために身を削っている素晴らしい社長だなんて取り上がられますが、現実は会社からの株式による配当金が何千万円も年間に入ってくるので全く痛くも痒くもない状態なのです。

よく業績が赤字でも配当を出している会社がありますが、それは強欲な大株主に配当を与えるために無理やりしていることなのです。

また、日本でいう「地主」のような大富豪は大体土地を持っているので、そこにアパートやマンションを建てて、莫大な家賃収入で暮らしている事実があります。これもインカムゲイン収入ですね。

資本主義の世の中では、資産家が最強なのです。

インカムゲインを徐々に増やしていく

元手が少ない時はチマチマとキャピタルゲインで増やしていって、ある程度資金ができてきたらキャピタルゲインの割合を増やしていくのが投資の通り道のようです。

株で言えば、売り買いで小さい利益を積み重ねていきながら、配当が年に5%以上でる利回りの良い株も並行して買っていくのが良いのではないでしょうか。

高配当株を探すと、意外に年5〜6%の配当がでる株は多くありますので、そちらも買っていくのが良いでしょう。

年5%配当が出る株を200万円分買えば、年間に約10万円が何もしなくても入ってきます。

ちょっとしたボーナスですよね!

キャピタル狙いでもインカムで元が取れる

キャピタルゲイン狙いで買った株でも、たまに年に1,2%配当が出る株もあります。

例えばその株が100円値下がりしたとします。すると10,000円のマイナスですよね。

そこで損切りせずに保有し続けるとどうでしょう。毎年1000円ぐらい配当が入ってくるとすると、10年待てばマイナスとトントン。11年経てば、配当で得られた金額がマイナスを超えることになります。(税金は考慮していません)

長年持っていれば、いつか損失額よりも配当が上回ってくれるかもしれないというのが株の面白いところです。

おすすめ関連記事

14 2021/6/21株暴落!でも暴落を経験するほど強くなれる!

13「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」両立で攻める

12 投資元手金は100万円からが勝負

11 買うなら狙うべき価格帯!1,000円以下の小型株を狙う

⑩損切りはするな

⑨買い方その2〜不自然に出来高が増えている銘柄を探す〜

⑧買い方その1〜不自然に下がる大手企業株を探す〜

⑦株などの投資はお金持ちのためのゲームということを知る

⑥チャート分析本に騙されるな

⑤なぜビギナーズラックが起きるのか

④株価ニュースがあてにならないワケ

③なぜ株を買うと下がって、売ると上がるのか

②株価を動かしているのは大金持ちという現実を知る編

①心構え編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です