弱小個人投資家が日本株で年間10万円利益を出す方法②〜株価を動かしているのは大金持ちという現実を知る編〜

株価を動かしているのは誰?

ただ株の売り買いをしているだけではわからない事があります。それはなぜ株価は上がったり、下がったりしているのかということです。

株の入門書を見ると、要は需給の問題で、買い注文が多い株は値段が上がり、売りの注文が多いと値段は下がると書いてあります。

株を売る人、買う人がいるから当然という回答が返ってくると思いますが、それは「誰ですか」というところです。

正解から言うと、機関投資家という人たちです。

個人投資家が100株もしくは頑張って1,000株売り買いしたところで株の価格は1円ぐらいしか上がりません。

しかし、毎日のようにストップ高やストップ安という現象の起きていることはみなさんご存知かと思います。

なぜ何十円、何百円という株価の動きがあるかというと、銀行、証券会社、投資ファンドなどの投資本業でかなりの資金量を持った会社の人がお金を動かしているので株価が大きく動くのです。

何億というお金を動かすことで初めて株価が動くのです。

これを知っておきましょう。

よくある勘違い

誰が株価を動かしているか理解していない人がやってしまう勘違いは「みんなが買っている」「企業の業績が伸びている」から株価が上がっているという勘違いです。

ある意味正しいです。

しかし、実際は機関投資家のような大金持ちが一人ポチッと何億のお金をつぎ込んで株価が上がった可能性があります。

そして、その上がった株価を見て個人投資家が集まってきた、というのが正解でしょう。結局は多くの人が買ったという事実になります。

ここで知らなくてはならない知恵は「大金持ちが買ったから株価が上がったんだ」という認識です。

逆も然りですね。

これを知らないと、業績が上がったから株価が上がったとか、世界情勢が不安定だから下がったとか、表面上だけでアナリストが分析する株価ニュースに踊らされてしまいます。

株価の上げ下げは企業の業績や社会情勢よりも「機関投資家の動き」の方が注目すべきポイントだということを決して忘れないで下さい。

機関投資家の動きをどう見ていくかは後に「株の買い方」のところで説明します。

おすすめ関連記事

13「キャピタルゲイン」「インカムゲイン」両立で攻める

12 投資元手金は100万円からが勝負

11 買うなら狙うべき価格帯!1,000円以下の小型株を狙う

⑩損切りはするな

⑨買い方その2〜不自然に出来高が増えている銘柄を探す〜

⑧買い方その1〜不自然に下がる大手企業株を探す〜

⑦株などの投資はお金持ちのためのゲームということを知る

⑥チャート分析本に騙されるな

⑤なぜビギナーズラックが起きるのか

④株価ニュースがあてにならないワケ

③なぜ株を買うと下がって、売ると上がるのか

②株価を動かしているのは大金持ちという現実を知る編

①心構え編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です