就活中は実名投稿SNSを整理せよ!

一昔前に流れたのがSNS投稿による内定取り消しという噂だ。

これは内定後、内定者が自身の乱れた写真をSNSにアップしたり、内定先企業に対する批判的なコメントをつぶやいたり、社会人としてあるまじき姿をSNS上に晒したところ、人事部に見つかり内定を取り消されたという噂だ。

本当かどうかはさておき、ありうるとだけ言っておこう。

不利になる可能性はある

この噂はFacebook、twitterが流行り始めた時期に出た噂。

もう実名投稿があまり抵抗なく行われている現在となっては、名前を検索しただけでその人となりをインターネットで検索できる時代だ。

自分で投稿していなくても友人が名前を出して投稿している場合もある。

実名で事業をしていたり、サイト運営やセミナー等、副業と思われる活動をしている場合は要注意である。副業禁止の企業もまだまだ多い。あまり良い印象を与えない。

また、過激な発言をするのもあまり印象はよくない。入社後に会社の不満をSNSで拡散されても困るからだ。

人事は落とす理由も探している

新卒採用の場合は一度に何人も相手にするので、最終選考まで残った学生は検索するであろう。

中途採用の場合は単体もしくは少人数での選考が多いので、書類選考の段階で一度は名前でネット検索しているはずだ。

大手企業となれば内定者全員、与信・反社の検索を業者に発注するところもあるという。

採用担当者であってもいつも忙しいわけではない。暇なときにネットくらい見る。そのときに検索してみようとなるのである。

自分の名前でネット検索してみよう。

人に見られて恥ずかしいものはヒットしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です