【意味から考える】面接が私服の場合に着る服装

面接の案内に「私服でお越しください」と書いてあある場合、皆さんはどのような服装で行きますか?

もちろんスーツで行ってはいけません。

こういう私服面接をする会社は、普段スーツを着ていない系の業界、IT系や、広告系の会社に少なからず見られます。

こういう場合ほとんどの方が困ると思います。

何を着ていくのが正解なのでしょうか。

スーツは不正解

当然のことながら、この場合スーツで行ってはいけません。

採用担当者の狙いは、その人が普段どんな服を着ていて、そこからにじみ出る印象はどんなものなのかを見たいと思っています。

入社後にこんな感じの服で出勤しますと言わんばかりの服装でいくのがベストです。

最低限の清潔感は大事

会社はビジネスの現場。

人前に出したくない。世間一般から逸脱した服装は避けた方が良いです。

中にはインパクトを残そうと派手めファッションで面接に臨む人もいますが、良くない印象として面接官の記憶に残ることが多いです。

あまり好ましくないものは海に行くような格好でしょうか。Tシャツ、短パンはナメている印象を持たれやすいです。露出があまり多くない方が良いと思います。

ビジネスカジュアルが無難

迷ったら、正解がわからなくなったら、とりあえずビジネスカジュアルな服装が無難でしょう。

ジャケットは必須ではありません。

男性は襟付きのシャツであればいいと思います。

避けたい服装

Tシャツを着る場合、その絵柄を突っ込こんでくる可能性があるので、何か話が広がるネタがあれば良しとしますが、無ければただラフな印象を受けます。

あとはあくまでも面接官との相性ですが、オタクな感じが出ているファッション、全身黒すぎ、茶色すぎファッションも印象を下げます。

面接官は普通の人間。人の印象は見た目8割。

あまりに奇抜なファッションだと内面よりも外見にだけに意識が持って行かれます。

本当はそうでなくても服装によってその人の印象に「ネクラ感」がプラスされる恐れがあるのです。

私服面接と言われたら、「清潔感」と気持ち「明るめ」ファッションを意識して面接に臨みましょう。

皆さんの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です