【1歩リードする】志望動機の作り方と意義

なぜ志望動機が必要なのか考えて欲しい。

志望動機がお粗末な就活者が多いからだ。

つまり、同業他社どの会社でも使える程度の志望動機しかない人が大半である。

それが面接官を勤めていて一番の感想である。

確かに就活者の立場からすると、志望動機よりも人柄であったり、今までやってきたことであったりがその人の核であり、アピールポイントなのでそちらを優先的に強化しがちである。

しかし、面接する側からしてみればどのくらい自社を調べ、どのくらい共感し、どのくらいこの会社に貢献してくれるかが最も知りたいことであるし、重要ポイントなのだ。

それはなぜか。

それは内定を出した時に辞退されたくないし、入社してもすぐにやめてほしくないからである。

その人のその時のやる気やスキルは、忙しくなれば当然のように萎えておとなしくなる。

この気持ちを奮い立たせてくれるのが志望動機であったり、この会社でやり遂げたいことであったりすると企業側は考えるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です